Technohouse Inc.
放送・イベント・映像音響機器の販売代理店、システムインテグレーター
03-3553-8061 お問い合わせ Technohouse Facebook

期間: 2016年3月17日(木)~18日(金)


FilmLight社 Baselight 4.5 新機能説明会


NAB2016で発表予定のBaselight 4.5 新機能説明会を開催いたします。

Baselight 4.5ソフトウェアは、進化を続けるBaselightソフトウェアのメジャー・アップ・バージョンとなります。
今回のバージョンアップでは特に合成系の機能を中心に機能強化されております。



説明会概要

【日時】

2016年3月17日(木)
第一回:午前10時~ 第二回:午後1時~ 第三回:午後3時半~

2016年3月18日(金)
第一回:午前10時~ 第二回:午後1時~ 第三回:午後3時半~

(各回、同一の内容です。)

【定員】

各回 30名様

【会場】

株式会社テクノハウス 7Fデモルーム

【お申し込み】

本説明会は登録制(入場無用)となっております。
お申し込みは、こちらのサイトからお願いいたします。
http://filmlight.jp/bl45seminar.html

Baselight 4.5 ソフトウェア概要

Perspective correction

4つのコーナーをそれぞれ別々にコントロールすることで、パースペクティブによってイメージを変形する機能です。内側、外側をそれぞれ独立してコントロールすることで、映像を3D空間で貼り付け合成することが可能です。

Screen Compositing

グリーンまたはブルーのバックグラウンドで撮影した素材を合成する機能で、新しく「Screen Keyer」と「Spill Correct」のオペレーターが追加されます。Screen KeyerはRGBの値をベースにした色の差分からキーを生成する機能です。「Spill Correct」はスクリーンによって発生するスピルを修正する機能です。

Paint

Shapeに似た機能で、ペイントのストロークによって、Matteを追加したり取り除いたりすることができます。ブラシのサイズとソフトネスをコントロールして最適なブラシの状態を選択できます。

Grid warp

「Source」と「Destination」のグリッドを使って、映像を部分的に変形する機能です。コントロール・ポイント(CP)を追加することによって細かい部分の変形が可能になります。

3D relighting

追加のチャンネル情報が存在する場合、そのデータからライティング効果を追加することができます。

その他、4.5で新たに追加された機能(Denoise、Deflicker、Colour Temperature、Midtone Contrastなど)があります。


ツイート